むし歯は、菌(むし歯菌)、歯の質、食べ物の3つの要因が
悪条件で重なった時にできます。
食事をすると、歯の表面に付いている菌が糖や炭水化物を利用して酸を作ります。
この酸で歯が溶けることを「脱灰 だっかい」といいます。
脱灰の状態が長く続くと、歯に穴が開いてしまいます。
正常な口の中では、だ液中に含まれるイオンの働きで歯の表面が元に戻ります。
これを「再石灰化 さいせっかいか」と言います。

脱灰再石灰化のバランスが保たれているとむし歯にはなりません。
むし歯菌が多い、歯の質が弱い、食習慣が乱れている人は
バランスが脱灰よりに偏ってしまいます。
再石灰化よりにコントロールすることで、むし歯を予防することができます。

あなたのお口の中でおきているこのバランスを分析することで、
むし歯のなりやすさの原因と予防法が分かります。
このバランスは、唾液検査で調べることができます。
唾液検査は簡単な検査で、痛みはまったくありません。
むし歯治療で一番大切なのは、むし歯にならない口内環境を作ることです。
原因を改善しないかぎりむし歯は繰り返しできてしまいます。

バイキンウルフ

普段は気が弱くておとなしい。
お菓子をだらだら食べていると
大きくなって大暴れする。
ピカリのクルクルブラシが弱点。