小田原市 歯科 歯医者|タキ歯科クリニック|「唾液検査・メンテナンス・一般歯科・小児歯科・矯正・予防・ホワイトニング・審美歯科・無痛治療」

タキ歯科クリニックブログ

2012年10月26日 乳歯用フロス

小田原市の子供たちの虫歯ゼロを目指しています、タキ歯科クリニックです。
保育士さんの求人情報です!
キッズ棟増築により、保育士さんを二名募集しています。
気になる方は、0465-43-8505
滝澤まで ご連絡下さい。
こんばんは、衛生士の高橋ですニコニコ 最近、もうすぐ二歳になる甥っ子がフロスデビューしました*\(^o^)/*
「くましゃん、くましゃん」
と、笑顔でフロスを指差すのですが、いざやるとなると、大泣きです(^_^;)
歯と歯の間にすきまがないため、前歯にお肉やホウレンソウ、食べカスがいっぱいつまっていて、歯ブラシだけではとれませんガーン 最後に甘いフッ素ジェルを塗ると、イヤイヤにでも口をあけてゴロンとしてくれます。
本来、乳歯は、「すきっ歯」のように
歯と歯の間があいていて良いのです。
…が最近は、顎が小さかったり、歯が大きかったりで、隙間のない子が多いです。
そんな時は、枝にくまさんがついている、小児用フロスをオススメしますニコニコ音譜

photo:01


これは、うち(ばーばの家)用の歯ブラシセットです。よく泊まりにくるので、置いてありますにひひ 甥っ子は、自分でやりたがって歯ブラシをすぐ噛んでしまうので、可愛い柄の歯ブラシは、自分で持つ用に。仕上げ磨き用には、しっかり磨ける小さめヘッドで毛先も柔らかい持ち手が長いモノの、二本使いにすると、良いみたいですグッド! フロスは、子供の頃から習慣づけましょう☆やるのが当たり前になって、タキ歯科のキッズの中には、小学校の低学年にもなると、自分でフロスができる子もいますよ~(^^)
正しい使い方で、痛くない歯と歯の間のお掃除を*\(^o^)/*使い方は、衛生士がお伝えしています!合格