小田原市 歯科 歯医者|タキ歯科クリニック|「唾液検査・メンテナンス・一般歯科・小児歯科・矯正・予防・ホワイトニング・審美歯科・無痛治療」

タキ歯科クリニックブログ

2012年7月12日 楽にむし歯予防をする方法2

小田原市のむし歯ゼロを目指すタキ歯科クリニックです。
スタッフTです。
前回はお子さんが3才までにむし歯の感染を予防できれば
その後のむし歯のなりやすさがずいぶんと違うということを
お伝えしました。
むし歯菌の感染は周りの保護者の方からなのです。
良くうちは遺伝で歯の質が弱くてむし歯になりやすなど
お聞きしますがむし歯には遺伝ではなく感染でなりやすくなるのです。
まずは保護者の方が自分のお口の中の状態を把握することが大切です。
それは唾液の検査で簡単に調べることが出来ます。
検査をしてお父さん、お母さんの虫歯の菌が少なければ
感染し関してはそこまで、心配する必要はありません。
むし歯菌が多い場合は積極的に菌を減らしたほうが良いでしょう。
その方法としては歯のプロフェッショナルクリーニングと
キシリトールの活用があります。
キシリトールはむし歯菌の数を減らすことが分かっています。
そのためにはキシリトールを一日、4gとることが必要であると言われています。
歯科医院で売られているキシリトール入りガムですと4粒ほどです。
市販のガムですと8粒です。
ガムを摂取してもすぐに効果が出るわけではなく。
3ヶ月間はかかります。そのため、一番効果的なのは
お子さんが生まれる前からキシリトールを取ることです。
まずは妊娠したら検査でお口の中の状態を調べることを
オススメします。