小田原市 歯科 歯医者|タキ歯科クリニック|「唾液検査・メンテナンス・一般歯科・小児歯科・矯正・予防・ホワイトニング・審美歯科・無痛治療」

タキ歯科クリニックブログ

2012年11月15日 キッズ棟 ピカリの森 その3

むし歯予防で神奈川県小田原市の子供達の良い歯を守り育てる歯科医院
タキ歯科クリニックです。
タキ歯科クリニックではキッズ棟の内覧会を
1月に行う予定です。
詳しい日程は決まりしだいブログにてお伝えします。
ご予約も募集しています。
0465-43-8505 まで
前回は歯科医院とお子さんの出会いの大切さについて
のお話でした。
本当のむし歯の治療とは!!
みなさんはむし歯の治療というと何を
思い浮かべるでしょうか?
あのキーンと音がするとドリルではないでしょうか?
キッズ棟にはあのドリルがありません。
なぜかというと本当のむし歯の治療には必要ないからです。
むし歯は簡単にいうと酸によって歯が溶ける「脱灰」だっかいと
唾液の効果によって歯の表面は硬く戻る「再石灰化」さいせっかいかの
バランスが崩れることでおこります。
食事をすると歯の表面は溶けてミニむし歯ができます。
これが唾液の力で元に戻るので歯は大きく穴があかないのです。
しかし、長い時間、脱灰よりにお口の中がバランスが傾いて
しまうと歯に元に戻らないくらいの穴があいてしまいます。
これが一般的なむし歯です。
本当のむし歯の治療とは脱灰と再石灰化のバランスを
整えることだと考えています。
バランスが崩れる原因は人それぞれなので
検査が必要です。
初期のむし歯であればバランスを整えるだけで
ほとんどの進行が止まります。
歯を削る治療をしてもむし歯が治らない原因はここにあります。
お口の中がむし歯になり易い環境のままではむし歯を削って詰めても
むし歯を繰り返すことになってしまいます。
歯を削れば削るほど歯の寿命は確実に短くなってしまいます。
歯を削るだけが歯の治療ではありません。
みなさんにその考えを変えて欲しいという思いと
子供達に出来るだけ歯を削る治療をして欲しくないという思いから
キッズ棟にはドリルはありません。
しかし、残念ですがどうしても必要になった時は成人棟の方に
歯を削る治療をしにきてもらいます。
続く